top of page

ジャズコードの味見の会




クラシック奏者の為のジャズ味見の会。


様々な僕の教育的財産をコミュニティーに伝える試みなのだと、

最近は感じています。

伴奏って楽しい

さてセッションから「コードワークをしたい。バッキングをしたい!」

というピアニストのご要望にお応えすることにしました。


今回は、音楽の基本的なコード進行「Dm7 G7 CM7」を例に、

3回に分けてあらゆる可能性を説明し、最も美味しいと思われる

コードのボイシング(音の積み方)から味見していただき、

アンサンブルで、実際に演奏の味見していただこう、という実験的な試みです。

ちゃんとコードのことを一度考えてみる

うちのギター教室ではジャンルに関わらず、

一度は説明するコードワークの実習ですが、ギタリストとピアニストは、

得意なボイシングが、まるっきり違うようです。

また、巷のピアノコードレッスンが、意外にシステマティックでないのも、

気になっていました。


コードはコードですから、きちんと理解すれば、あとは少しづつ

研究して慣れてゆくだけ。教え方は一緒と行かずとも中身は同じなんです。

コードの知識は、音楽の中身を濃くします

うちのギター教室でも「これをやっただけで、音楽がもっと身近になった」

「コードが怖くなくなった」とこのメニューをこなした後は、

ワンランク演奏が堂々となることが多いです。

今更だけど、コードネームってなに?

今回は、コードネームについて知識の説明を終えた人が対象ですが、

「コードネームってなに?」という人には、Webでの補習レッスンを行います。

1回40分¥4000

実験的な試みです。融通を効かせます

まだまだ実験的な試み。なんでもご相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください。

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page