top of page

ジャズ味見の会2024年1月21日のご案内

更新日:2023年12月12日

大好評につき、定期開催を目指します。


名称を変更します。 「ジャズセオリーに基づく『クリエイティブミュージック味見の会』

『Tasting Party For Creative Music (Based on Jazz Theory)』


開催場所:アイガットサロン

京都市北区小山北上総町 40-2アイビルディング3階


通称<味見の会>

「ジャズセオリーに基づく『クリエイティブミュージック味見の会』

『Tasting Party For Creative Music (Based on Jazz Theory)』


開催場所:アイガットサロン

京都市北区小山北上総町 40-2アイビルディング3階


2023年1月21日(日曜日)&2月23日(祝)

特別価格¥3000(通常¥5000)


第1回公演

開場10:30

1部 11:00~12:00

懇親会 12:00~4階 LA GRANGE

2部 13:00~14:00


第2回公演

開場14:30

1部 15:00~16:00

懇親会 16:00~4階 LA GRANGE

2部 17:00~18:00


対象:

・プロ、アマを問いません。初心者歓迎。見学だけも可能。

・譜面の読めないギタリスト

・アドリブに興味があり、12 音を演奏できる楽奏者

(クラシック奏者大歓迎)


最初に大事な説明をしますので、開始時間に遅れずお越しください。


お問い合わせ:


電話075-406-7643(アイガットサロン) 味見の会が今に至る経緯は、以下のURLをクリック! https://www.hirofumiokamoto.com/kitaooji

ジャズ味見の会の基本ポリシーを公開しました。 https://www.hirofumiokamoto.com/post/jazztastingparty


さて、

<興味はあるけど、私も参加できるのか?にお答えします>


クラシック奏者の方へ。

簡単なゲームをする事と、今後の練習の仕方を最後に提案します。

大変大きな効果をあげています。「譜面も無いのにどうしたら良いかわからない」

という方には、大きな糸口になると思います。


「本当は、ポップやタンゴやボサノバに興味があって音楽大学に入ったけど、

なんでも教えてもらえると思ったら、クラシックばかりだった。」


と言う、フルート奏者、ピアニスト、バイオリン、チェロなど弦楽器奏者が

多いこともわかってきました。


現在の音楽大学は、クラシック演奏家として完璧に対応できる能力を養う

職業訓練校のようなところだ、と最近感じています。


ですから、味見の会を気楽な「塾」と考えていただけたら良いかと思います。


譜面の読めないギタリストの皆さんへ。

・ブルース、ロックは、長年やってきたが、

アマチュアながらステージ経験もあるんだけど、ジャズは諦めてきた。

・ちょっとお洒落なことを知りたいけど、時間がない。

・ジャズミュージシャンになりたいわけでは無いけど、もうちょっと色々知りたい。


そう言う人に、最適だと思います。

味見の会では、そんなギタリスト用にチャートを用意します。

事前に参加表明してください。準備しておきます。


邦楽楽器、その他民族楽器の皆さんへ。

基本的に12音に対応出来る楽器ならば、参加可能ですが、

楽器の構造上、ジャズ向きで無い場合もあります。


味見の会は、テクニカルな事をすると言うより、

あくまで「味見」が目的ですから「片手でピアノが弾ける」

程度でも参加できます。


むしろ、そうやって得た価値をどうやって

自分の音楽や楽器、異種ジャンルと共演に活かすかは、体験した後、

それぞれでゆっくり考えられることをお勧めします。



ジャズは興味があるけど、と言うアマチュアピアニスト、

ジャズ教室に通っているけど、イマイチ成果が出ない方。

テクニカルなものを「味見の会」では求めません。

その代わり、簡単なゲームによって、色々と大きな気づきがあり、

システマチックな上達方法のヒントが得られるかもしれません。


管楽器演奏家の方々

管楽器など移調楽器での参加の場合は、事前にお知らせください。

別途、移調資料を準備します。 エレクトリックベーシストの方々 ソロに苦手意識のあるベーシスト。譜面が読めない人でも、 すぐに参加できます!ジャコパストリアスみたいなソロに

その場でなりますよ!






シンガーソングライターの方。




「ジャズ味見の会」は、進めるうち「ジャズに限った事ではないな?」と


感じるようになりました。


結局、作曲能力やセンスということに関しては、


マイルスデイヴィスも、ジョンレノン、ポールマッカートニーも


同じ境地に立つようです。




僕は保守的かもしれませんが、長い年月の間に


「学ぶことによって失われるもの」などとるに足りない、と感じています。




すごいミュージシャンはみんな、広い視野を持ち、勤勉でマメな努力の人です。


参加されると大きな価値が得られると思います。




ギターでも、鍵盤ハーモニカでも、参加可能です。



最新記事

すべて表示
bottom of page