Beatlesの解説 数週間お休みします

岡本博文です。 現在、制作の仕事が忙しく、動画の編集が間に合っていません。 数週間のお休みをいただき、復帰したいと思います。 それまでの間、今までの動画の解説をここでまとめたいと思います。 Beatlesが大事にしていることについて、初回から、繰り返し説明しているのが、


1)簡単なモチーフの展開 2)自然な流れ です。これは、シンプルな主題(モチーフ)を如何に自然に展開していくか? 音楽として大切な部分だと僕は思います。Beatlesに限らず。 これに付け加えて、初めから感じていたことは、以下のような特徴でした。

これらについて、説明した動画が以下。初回からしばらくは、この点の

実証だったと思います。

メロディーにコードトーンの外側から始まる傾向が多いのも彼らの傾向です

ダイアトニックコードの把握は、作曲という音の遊びの基本的なものなのですが、

ダイアトニックコードはKey=Cでは、以下のようなコード。

つまり、Cメジャースケールだけで出来ているコードのことです。


これ以外に、Key=Cmから、サブドミナントマイナーというコード群を借用するのも

彼らの特徴です。

Fm ,A♭M7 B♭7 と言ったものです。 ビデオでは触れませんでしたが、Key=Cmから借用するのは、トニックマイナーの

CmやE♭もあります。

伝統的な手法であるセカンダリードミナントもうまく使います。

上の図は、ダイアトニックコードを並べ替え、

可能な限り、そのうちいくつかを7thコードに置き換えます。

セカンダリードミナントは、最初は飾りの意味が大きかったと思うのですが、

Beatlesはちゃんと意味を持たせていて、色彩感を加えていると思います。

分数コードも使います。特にF/G。

おしゃれドミナント、と個人的に呼んでいます。普通はサブドミナントでいいんですけど。


そうこうしているうち、彼らの発想の元になっているのが、CとFの2コードであることに気づきました。また自然にジャズ的な和音も体に入っているようです。それを解説したのがこちら。


た、クラシック的発想が、ポールには有って、それを感じさせるのは、ベースラインの設定です。

全てをKey=Cで考えてみる、というコンセプトは、自分たちでも

やってみないとわからなかったことが、明確になってきていて、

継続していくことで、身近に感じられるようになったのは、大きな成果でした。

引き続きよろしくお願いいたします!

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示