第2巻の『コードについての巻』は、コードの仕組み、コードの構成音をドレミとかCDEで言える、をゴールにしました。



ギタリストは、ほとんどの場合、コードフォームを押さえてジャカジャカかき鳴らすことからギターの第一歩が始まります。しかし素朴な疑問に答えを見つけるのは随分のちになります。

「なぜこの今押さえているコードはGなの?Emなの?」

それで、2、3時間あれば一通り目が通せる20数ページで、コードについて基本的な知識を説明しました。僕は、ギターを買ったその日に、この本を買ってもらいたいと思っています。

それが、第2巻の『コードについての巻』です。 ご購入は以下から https://miraclegion.jp/shopbrand/ct3123/

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示