unnamed.jpg

京都市でジャズギターを習いたい方、ジャズやブルースギターのレッスンを京都市で受けたい方は見てください。京都ジャズギター教室のご案内です。

京都を拠点に全国で活躍するプロギタリスト岡本博文が教えます。初心者から上級者まで、高校生、大学生、社会人、プロ指向、男性、女性、年齢を問わず、それぞれのレベルに合ったレッスンをします。

内容は、ジャズ&ブルースの伝統的な演奏法のマスターを中心に、初心者から、ハイレベルな知識まで35年以上に渡るレッスン経験から非常にシンプルでわかり易いレッスンに 定評があります。特にジャズを中心としたレッスンには、独自のメソードがあり、 ジャンルに関係なく、色々なジャンルに適応出来る能力を身につけることが出来ます。おそらく、入会しばらくは、興奮の連続でしょう。50代の音楽再び組からプロ指向まで。親切にご指導させていただきます。

基本内容の説明

ジャズ&フュージョン。エレクトリック&アコースティックどちらも使う岡本博文の特性を生かしたレッスンです。話し合いによって、進め方は、一人一人異なってきます。無理なく、楽しいレッスンを心がけています。受講資格は、年齢、経験、性別などを問いません。

ギターの上達は「基本的に積み上げるもの」です。

ギターを教えて36年。「今日は、これを聞きたい」「最近は〇〇に興味がある」と毎回脈絡のない話題に終始する人は、結果が出ることがなかったのが実感です。

だから、ご質問には最大限答えると同時に、実践的で基礎と言えるものを如何に楽しく、お互い流されず積み上げていくか?に腐心しています。

ギターが上達したい!をお手伝いします

ギターが上達する、は一人一人のストーリー

「ギターが上達する」という定義は、一人一人違うものです。
ゴールも違えば、上達の早さも違います。

だから、私は、毎回何をやったか?何に向かっているのか?をハッキリさせるために記録することを大事にします。

また、何に向かっているのか?今、レッスンを受けているあなたと私が、何をいつまでに達成しようとしているのか?を常にハッキリさせていきます。

それが、ハッキリしていれば、必ず結果は出てきます。
どんなにゆっくりでもかまいません。私に気を使うこともありません。(笑)
時には道草も楽しいものですが、道草は道草。

本当の自分のやりたいことを見つめ、
正しいことに向かっていると言う自信は、楽しく、充実し、
やりがいのあるものです。
そこに一人一人のストーリーが生まれます。

セッション出来るようになりたい!と言う方は多いと思います。
私は、セッションをしたい!のゴールには「『ブルース』か『ジャズ』が出来る」が、現実的だと思います。そこにしかセッションが残っていないと感じます。
(私の判断では、ブルースには、クラシックロック、R&Bも含まれます。ジャズには、ファンキーなR&Bも含みます)

だから、『ブルース』か『ジャズ』の数曲のレパートリーが、出来るように積み上げることは、大事だし、一つの「基礎から積み上げギターが弾けるようになる」のゴールだと思っています。

セッションは、仲間を増やし、刺激を受け、しかも楽しい!!です

セッション出来るようになりたい!

作品を作りたい!

逆にロック、Jポップとか「作品性の高い」ものは、セッションには向きません。だから、コードワークや理論を学んだり、名曲のアナライズをしながら、実際に作曲し、弾き語りやDTMで作品にしていくことがゴールではないかと思います。
でも「ギターが上手くなる」なら「セッション出来る」でしょうね。

 

​レッスンの流れ

1.

まずは、全くの初心者だったらビートルズの曲を使って、コードワークに慣れていただきます。

間違いなく歴史上の名曲ですので。基本的なアコギの弾き方にも慣れましょう。
このうちにストロークも指弾きも経験していただきます。

2.

通常は、クラシックロック、ブルースを数曲弾けるようになっていただきます

ギターを歌わせるイントネーションの基本は、こう言うものにあります。
誰かに演奏に誘われて上手!と言ってもらえるかは、ここら辺が鍵です。
チョーキング、ビブラート、ブラッシングなど結構深いです。

この手のジャンルは、演奏形態が、シンプルなので、如何にフィーリングを込めて演奏するか?グルーブさせて演奏するか?が、大切になると思います。
色んなスタイルの伴奏を経験してもらう必要もあるでしょうが、焦りは禁物です。

まずは数曲でも十分で、人によりレパートリーを増やしていきます。
*この段階の方は、合わせてメジャースケールの練習もしていただきます。
やはりギタリストには必要です。大丈夫。楽しいやり方でお教えしています!

3.

ジャズを題材に教えます​。

「シンプルかつ美味しい岡本教室しか出来ない事レッスン」と定評があります。

色んな音楽に応用出来る部分が多く、ボサノバやJPop、最近世界で再評価されている日本の80年代シティーポップには、必須アイテムです。

私の門を叩く人は「ジャズを最終的にやらないが、新しい音楽をクリエイトする助けになる」と通う人が多いです。

4.

ジャズは、カジュアルに始めて実用性のあるレッスンを心がけています!

私は、既存の誰かのコピー譜は、基本的に使いません。

ウエスモンゴメリーも、ジムホールもパットメセニーもジョンスコフィールドも
上手すぎて初心者には、なかなかハードルが高いのです。そして、残念ながら、そっくりに弾けてもアドリブは出来ない人になる場合が多いのも確かなのです。ですから。

1)1コーラスの比較的簡単なソロ例を弾きながら、レパートリーを増やします。
2)岡本メソッドと言えるやり方で音使いのコツを教えて行きます。
お楽しみに。

どうにもセンスの良いアドリブにならない。そう感じる人は多いのではないでしょうか?私は、そう言う人のためにレッスンしたいと思います。

5.

コードワークの徹底拡張

また、コードワーク、コードボイシングの徹底した拡張も、うちの教室の特徴です。コードのバリエーションが少なく、コードワークに行き詰まりを感じている人は、是非、私のレッスンを受けて欲しいです。プロにも対応します。

6.

プロ志向にも対応します!たくさんの卒業生

気がつけば、レッスンを始めて、35年以上。自分でレッスンしている岡本教室の卒業生が、すでに関西一円に非常に多数います。プロとして活動している人も多数。

しかし、岡本教室は、常に進化しています。
今後もシーンの最先端でありたいと願い、絶え間なくレッスン内容の進化に向けて努力していきます。

音楽することに、全ての人は平等で、最初は誰も初心者で、とっても素晴らしい音楽を楽しみたい気持ちは、誰も変わらないと信じています。

お気軽にご相談いただければ、と思います。

7.

全生徒に理論を教えます

私は「寝ててもわかるギタリストの為の、りろん」というシリーズを出版中です。私は、初心者に対してわかりやすく音楽の仕組みを伝えるのが、得意だと言われています。

私は、楽典とか理論は、アイディアに困った時に、様々なヒントを与えてくれるものだと思います。必要最小限の知識から、かなり高度なものまで対処できます。また、それを理解しているのに実用に結びつかない、という人にもシンプルかつ有効なアドバイスを与えることができると思います。

追記:岡本博文ギター教室ブログ 生徒諸君!毎日更新!を書いていました。https://blog.goo.ne.jp/okamotoisland

​今後は、当サイトのブログを更新していきたいと思います。

​料金表 / 対面レッスン&WEBレッスン

​入会金は一律11000円

(寝ててもわかるギタリストの為のりろん6巻、『ドレミのコツ』のコツ1冊をお渡しいたします)

​個人レッスン / 学生

50分 / 月1回

​月謝:7700円

50分 / 月2回

​月謝:11000円

50分 / 月3回

​月謝:13500円

​個人レッスン / 一般

​プレミアム / 一般

月4回以上のレッスンに関しては、50分5,500円で、ご相談に乗っています。

​レッスンまでの流れについて。

体験レッスン(無料)

入会金、レッスン料をいただきます
(この時、教則本と宿題をお渡しします)

次の月からレッスン
*レッスン料は、前払いでお願いしています。

月4回以上のレッスンいついては50分5,500円で、ご相談に乗っています。

50分 / 月1回

​月謝:7700円

50分 / 月2回

​月謝:13500円

50分 / 月3回

​月謝:16500円

 

入会金:11000円
毎週:2時間

(うち1時間は岡本本人と一緒に行う基礎練習)
月謝:4週2時間として¥44000を基本とします。
(但し、アーティスト活動などにより、スケジューリングが難しい場合は、前の月に

スケジュールは、1時間¥5,500で算出し決定します)

基礎練習は、ただ指が動くようになるだけでなく、フレーズの展開や演奏の聴き映えに深く関わってきます。一緒にその時間を持つことで、大きく聞く人への印象が変わることが

わかってきました。具体的には、事前に進め方を相談しながら

レッスン形態を決めさせていただきます。お気軽にご相談ください。

​受講生の声

I.Tさん(20代 男性/滋賀県 会社員)
毎回、岡本先生のレッスンは斬新で面白く、驚きが多くて非常に楽しく受けさせていただいています。
練習をサボってしまう事が多く、劇的に上達したとは言えないかもしれないですが、音楽に対する理解や意識は大きく変わったと自分自身思っています。また、ギター以外のこともいろいろ教えていただいたり、日々様々な事に挑戦されているお話を聞く度に、自分も頑張らなければという思いになっています!

T.Yさん(20代 男性/医療職)
ギターを始めて、ちょうど10年になる年に岡本先生に出会い、レッスンに通わせて頂いています。
初心者感から抜け出せなくて、1からやり直そうと基礎や理論を教えて頂いている中で改めて気付かされました。心を込める大切さに。
今までの自分のやっていた事はただの音の羅列で、たった一つの音さえ弾けていなかったと痛感しました。
けれど、レッスンを受けるたびにピッキングの細かいニュアンスや音の運び方など教えて下さるおかげで、少しずつ過去の自分とは変わってきていると感じられてきました。
本当に毎回のレッスンが楽しいです。そんな風に思えるのが、岡本先生の魅力の一つじゃないかなと思います。
これからもレッスンを通じて僕は、目の前で聴いて下さる人はもちろん、一緒に演奏して頂ける方々にも楽しんで貰えるようなプレーヤーでありたいです。

 

A.Sさん(10代 女性/京都市 高校生)
私は、プロのギタリストを目指し、RAG音楽義塾に通いました。そこで岡本先生のレッスンを受講しました。 今まで理論は全て独学で、ドリアン?ミクソリディアン?と単語は知っていても、その意味はちんぷんかんぷんな状態でした。 岡本先生は、ドレミファソラシドの基礎の基礎から丁寧に教えてくださります。 分からなかったら、もどって何度も教えてくださいます。 そのため、今まで分からなかったことが、するするすると糸が解けるように分かります! 私は理論の他にジャズのレッスンも受けました。 難しいですが、ジャズを学ぶことで、私の音楽に深みが出てきたのではと思います。 ジャズをプレイされる岡本先生は本当に心の底から音楽を楽しんでらっしゃって、私もこんなギタリストになりたいと思います。 ぜひ一度体験レッスンを受けてみてください! 特に、本気で音楽をやりたいと考えていらっしゃる方には、岡本先生のレッスンはとてもオススメです!

 

Y.Kさん(10代 男性/滋賀県 )
僕は、ギターを始めて最初の2年は独学で勉強していましたが、音楽の理論などを深く知りたいと思い岡本先生のところに通い始めました。通い始めると、短期間で理論などを教えて頂き、すぐに自己のバンドなどのアレンジに活かすことが出来ました。また、ブルースやジャズなどの現代音楽の元となっている音楽を学び、音楽に対する感覚が上がりました。
岡本先生に習うと、どのジャンルの音楽にも生かすことが出来ると思います。是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
(岡本補足:彼はこの春まで高校生でした。大変真面目で、どんどん成長して、イギリスの音楽学校に通うことになりました。)

 

K.Sさん(男性/京都府 大学生)
ギターを弾くのが好きで練習していましたが独学での限界を感じ、先生に習うことに決めました。レッスンはメジャースケールの丁寧な解説から始まり、音楽理論を論理立てて説明してくださいました。特に楽曲のアナライズの話を聞いたときは今までわからなかったことがスッと分かるようになります。また、発表会や、セッションイベントなどもセッティングして下さるので、音楽に触れる機会が格段に増えます。僕も何度かイベントに出席しましたが、どれも素晴らしく、濃い経験をさせていただいきました。先生はジャズ、ブルース、ファンク、ポップスなど幅広く丁寧に対応していただけるので、非常にオススメです。今後も末永くお世話になりたいと思っております。

 

T.Uさん(10代 男性/滋賀県 高校生)
僕は高校生で、岡本先生のギターレッスンに通っているのですが、自分でも実感があるほどにギタープレイが良い方向に変化していっています。それは単純に技術的な面でも変化しているのですが、音楽理論を勉強し始めたことにより、「このフレーズはこういった理屈で成り立っているのか」、「このコードは、こういう音の構成でできているのか」など、ギターをもっと内側から知ることによって、明確にレッスン以前の自分のプレイから変化がついたと思っています。僕が理解出来ている音楽理論はまだまだ序章であり、どんどん勉強をしていく過程ではあるのですが、本当にギターを弾くことが以前に増してものすごく楽しいです。
これは、岡本先生が丁寧に、僕のペースに合わせて、理解出来ていない部分があれば、レッスンの度に説明し直してくださったりと、誠実に向き合ってくださっているおかげです。いつも本当にワクワクしながらレッスンに通っています。岡本先生のギターレッスンは、詳しく音楽を学べるし、心が豊かになります。

 

T.Tさん(50代 男性/会社員)
私のリクエストで高校生の頃から大好きだった曲のアナライズとアプローチの仕方をレッスンしていただきました。レッスンではコード進行とコードトーンをひとつずつ丁寧に教えていただいたうえでプレイヤーのクセの解説があり、そこからアプローチの仕方をご教授していただきました。私は(池上彰さんみたいに)『そうだったのか!』の連続で目からウロコ状態でした。
岡本先生のレッスンで”40年近く憧れてるだけの曲が自分の中に入ってきて、満たされていく感じは最高”でした。感謝です!ありがとうございます!
追伸:岡本先生のお手本ソロは気持ち良さありコード感ありで、単純に『格好いい!!』ギター少年に戻ってしまいました。イイわ~!今後ともよろしくお願いします!

 

I.Hさん(50代 男性/自営業)
作曲とかアレンジをもっと知りたいならギターをベースに音楽理論をきちっと学んだほうがいいと岡本先生に言われてから早くも4ヶ月。
ギター自体は中学から弾きだして大学卒業するまでポップなロックをオリジナル曲で活動していました。
卒業してからは真面目に仕事一筋でしたが40歳前からふたたびいつのまにかそこそこ音楽をやっていた人たちと自然に趣味で再度バンド活動しだし気がつけば53歳。
一番音楽で頼りにしていたベーシストが癌で死去。それまで曲のアレンジをまかせていたのでベースラインもよくわからん。もっと基本やっとけば良かった。
ひょんなご縁から岡本先生に出会い一から理論を教えてもらうことになりました。
「色々な曲に取り組んではいるし、それなりに理論なんてきちんとやらなくても感覚とセンスでなんとかなるやん、」いう考えが若い頃の考え方。
でも今再度教えてもらって思うのは絶対音楽にたずさわるなら理論の基本はきちっとマスターしたほうがいい。
もちろん感覚やセンスは個性だし大切なものと思いますが、コード進行ひとつとっても コピーしてきた経験値に応じて多少の幅があったとしても理論をきちっと押さえおくことによって音作りの幅が格段にあがるし音の根拠がわかっているかどうかでコピーであっても音の幅がまったくかわってきますし、面白さも変わってきます。
音楽の新たな楽しさがどんどん増えて行く感じですね。
学んでみて気がついたのは恐れていたほどややこしくはないということ。もちろん岡本先生がきちんと体系的に順序だっては教えてくださるからなのですが、それにしてももっと早くに基本は理解しておくべきだったと今更ながら思います。

 

T.Hさん(40代 女性/研究職)
初めて手にしたギターはアコギでした。Youtubeを見たり、ギター教室に通い始めて、練習をしてきました。私がギターを始めたきっかけは、Pat Metheny Groupが好きだったことです。原点は、Jazzギターがしたくてギターを買ってみたものの、悩んだ時に岡本先生のライブを見に行きました。ライブ後に声をかけていただき、体験レッスンを受けて、やっぱりJazzがしたいと強く感じました。先生からは「芸」のいろはから、理論、奏法まで、しっかり教えていただいています。毎回のレッスンは楽しくて、私の生活の一部になり、さらにギターが好きになりました。

(岡本補足:彼女は40代。まったくと言っていいほどの初心者でした。私自身もハードルが高いか?と思いましたが、地道に少しづつ練習していただき、1年ほどで、どうやって音楽にしていくか?音楽の全体像を掴みつつあります。それは、私にも励みになる出来事でした。私も感謝しています)

 

M.Mさん(50代/勤務医/滋賀県)
ひょんなことから25年ぶりにバンドを始めることになり早3年、最初はギターを弾くだけで楽しかったのですが、結局ペンタ+αのマンネリでギターにも飽きはじめ、ただ最近はCDやDVD付の教則本がそれこそ山のように出ているので、買いあさってみましたがやはり長続きせず・・・・。そんな時バンドの相方が岡本先生に習うと宣言したため「僕も習う!!」と一緒に習い始めました。習い事は小学生の頃のそろばん以来です(^_^;)。そもそも音楽的な才能に乏しく、ギターもタブ譜以外からきしでしたが岡本教室ではレベルに応じて徐々に課題が進んでゆき、信じられませんが少しずつ譜面も読めるようになってきました。課題曲のクリアとともに曲のアナライズがありますので、ジャズの名曲が弾けるようになるのと同時に音楽理論も身につきます。社会人ですのでどうしても宿題が行き届かない時もあるのですが、そんな時でもできることから指導していただけますので毎回充実のレッスンが受けられます。習い始めて半年ちょっとですが早くもバンド仲間から、なんか最近ちょっとうまくなったんじゃないか?と褒められてうれしいやら恥ずかしいやらで、今後のレッスンもますます楽しみです。末永くお世話になりたいと思っております。

 

KIさん(60代/京都市)
これまで約40年間、ブルース一筋にやってきました。その間も何度かジャズギターには挑戦しながら中途半端に終わっていました。
還暦を機に思い立って岡本さんの体験レッスンを受けて即、入門を決めました。
両者を単純に比較することはとても乱暴ですが、あえて言わせてもらうなら、ジャズには理論的な裏付けと解釈の奥深さがあります。
還暦というとぼちぼちギターから遠ざかる年齢なのかもしれませんが、私の場合はお蔭様で新たな世界が拡がりました。
先ずは初心者のつもりで素直に一から学んでいこうと思っています。

 

KHさん(40代/生駒市)
ジャズに興味を持って、20年になりますが、その間、好きなギタリストをコピーしたり、教則本を読みあさったり、ほぼ独学でジャズギターを学んできましたが、やはりこの歳になってみて、それでは乗り越えられない壁を感じて岡本教室の門をたたきました。
すると、第一回目のレッスンを受けただけでも分からなかった事、悩んでいた事が幾つもクリアになって、壁を乗り越える為の階段を架けて頂いた様な気持ちになり、これからもっと上達して行ける実感があります。
(岡本補足:KHさんは、その後ギターも上達しプロ並みの腕になり、自宅を改造してライブハウスにしたり、発表会で出来た交流を大切に音楽をエンジョイしています。素晴らしい!)

 

(20代/会社員/滋賀県)
元々ロックやブルースなどを中心にギターを引き続けてきましたが、自分のギターにマンネリを感じ、かねてから興味のあったJAZZや理論について学ぼうとするも、何から覚えれば良いのかも分からず…
そんな時にホームページで岡本先生のレッスンに出会いました。

岡本先生のレッスンでは、音楽理論の基本的な所から丁寧に解説してくださり、毎回「そうだったのか!」と思うことがたくさんあります。
基本中の基本も分かっていなかった私にとって、毎回のレッスンは新発見の連続です。
回数を重ねるたびにギターを弾くのが更に楽しくなる、そんなギター教室だと思います。

 

H.Uさん(50代/大学職員/京都市)
「仕事やめよか」と心身ともに絶不調の最中、岡本さんのご家族のご縁で門を叩きました。定年退職したら学生時代断念したエレクトリックギターを習いたい想いがあったのですが、何回かOkamoto Islandのライブを見て決断しました。初めてのレッスンで、同じ大学出身の後輩にあたる岡本さんの前で、手が震えたことが恥ずかしく懐かしいです。今でも思うように指は動きませんが、いつも岡本さんは「こうしたらいいんだよ」半歩から一歩前に寄り添って、気づきを与えてくれます。一言で言えば、音楽や人に対してもとても誠実なのです。今では毎日ギターを弾くことが楽しく、生活に潤いが生まれました。お蔭様で、仕事も順調で人生を持ち直すことができました。ありがとうございます。

 

T.Aさん(京都市)
ギターを始めてからすでに30年以上、しかし、そのうち上達していた期間は最初の5~6年、あとの24~5年はずっと停滞期、もしくは下降期というギター人生に活を入れるべく岡本教室の門を叩きました。大正解だったと思っています。急にヒラヒラと弾けるようになるわけではありません。
しかしギターを弾く上での意識の持ち方が確実に深くなっていくのを実感しています。
以前よりも音楽に、より注意を払いギターを弾く姿勢に変わって来たように思います。
なにより、すでに一流のギタリストでありながら、「こんな練習法みつけた」「こういうグルーブの練習してみたら面白かった」と嬉々として日々進化を追い求める岡本さんの姿勢は本当に刺激になり、楽しく教室に通っています。

 

(40代/会社員/京都市)
10年以上、ギターを弾いてきましたが、ろくにアドリブ演奏もできない有様でした。そんな中、岡本先生の教室をインターネットで見つけました。岡本先生のレッスンに対する考え方や、受講者の方の声を読ませてもらい、共感するものを多いに感じ、レッスンを受けさせていただくことになりました。通い始めてまだ半年ですが、自分でも徐々に力がついてきているのがよく分かります。レッスンのたびに、「あ、なるほど!」とか、「おお、そういうことか!」と感嘆の声を上げながら受講させていただいております。「ギターとはこんなに楽しい楽器だったのか!」と毎回感動しています。

 

S,Tさん(京都市/40代)
私が岡本先生に習うきっかけは、RAGさんのHPに記入して何気なくギターをぶら下げて体験レッスンを受けたことでした。今の時代情報が多すぎて楽器店に行くとスタイルに見合った教則本が数多く売ってあります。それらを一通り読みこなし、わかったようなつもりでも実は深いところでは理解出きていない事が多いと思います。(実際私もそうでした)教則本のCDに合わせて弾くのであれば自宅でもできますが、それでは誰も評価してくれません。

岡本先生の教則メソッドは、次回につながる様に順を追ってできています。一見 ただのスケール練習かと思いきや 次にはこれが「生きてくる」といった感じでしょうか。発展途上の私が言うのもなんですが、このあたりは長年多くの教え子を育てられてきた所以かと・・

また レッスンの練習の都度リアルタイムで弾いてもらえるベースライン コードバリエーションなどはやはりプロならではのものです。それに合わせながら演奏をすることでプロならではの「タイム感」や「間」などを体感できると思います。同じフレーズを弾いても全く雰囲気が違うことや「グルーブ」っていかに難しいことなどに最初は驚くことと思います。「目からウロコが落ちる」には まずは 気軽に体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?きっとギターを弾くことがまた楽しくなってきますよ。

 

Y.Yさん(京都市/大学生)
岡本先生のレッスンは目的と課題が分かりやすく整理されていてわかりやすく、また毎回新しい話をしてもらえるのでいつも新鮮な気持ちでレッスンに臨むことができます。おススメです。

F,Hさん(長岡市/会社員40代)
ギターは独学で練習する人が多い楽器だと思いますが、人を感動させたりアートの領域まで上達したいと考える人は、やはりその道のプロの方に手ほどきを受ける方がより目標に早く達することが出来ると思います。そういう意味で岡本先生のレッスンは非常に効率的かつ内容も洗練されていてとても効果的だと思います。僕も過去に数名のプロの方のレッスンを受けてきましたが、最も短期間で上達を実感できました。

 

O.H(大阪市/30代)
自分の中で新しい世界を広げたいなら岡本先生のレッスンを一度、受講される事をお勧めします。簡単な内容では無いですが努力した分だけ自分の中の引き出しが増えていく事が毎回のレッスンから実感出来ると思います。先生の生徒を決して見限ったりしない人柄やサービス精神も教育者として素晴らしいと思います。

 

濱崎宏一(藤井寺市/飲食店経営30代)
ギターが上手くなりたくて色々な先生につきましたが覚えが悪く上達しませんでした。岡本スクールでギターが上手くなるのを実感してます。自分の年でこんな感覚が味わえるのは大変幸せなことです。ありがとうございます

 

T.Y (京都市 20代)
感じた事は親身になって自分の音やスタイルを一緒に見つけてくれる。また伸ばしてくれる方だと思いました。他でも習った事が有るのですが、表現の制限をされていたように、最近は思いだすこともあります。岡本さんのレッスンは本当に音楽的というか学べば学ぶほどそれが自分の表現の源泉になっていくように感じて良いです。

2年前に、自分自身、すごく行き詰まりを感じ、ギターをやめようかと思った時期があり、レッスン終わりに岡本さんに悩みを打ち明けたことがありました。色々話していく中で、やっぱり自分は音楽が大好きで「自分は◯◯のようになりたいんです」と話たところ、「好きな事をとことんやれば良いじゃない」「いいじゃない。◯◯やろうよ」と言ってくれた事に、何か自分の中で吹っ切れたというか、スッキリしました。もし岡本さんにギターを教わっていなければ、またあの時相談していなければ、未だに自分は音楽でどういう事をやりたいのか悩んでいたと思います。

S.A(明石市20代会社員)
岡本先生のレッスンで良い点は「根気強く教えてもらえること」だと思います。僕自身現在6年間習っていますが、苦手な3連符を克服するための練習方法を作って頂くなど、上達できるように根気強く教えて頂いています。他の生徒の方達を見ても、習い始めて1年、2年の方達が毎年行われるギターの発表会でジャズのアドリブをスラスラ弾いています。

 

T.K(枚方市)
個々のレベルに合わせてわかりやすく説明してくれます。僕は普段あまり時間のない社会人ですが、岡本先生の的確なレッスンで確実に上手くなっていると実感できています。いくらスケールをおぼえても、曲をコピーしてもなかなか理解できないのがジャズですが、先生は理解する上でのヒントを沢山教えてくれます。そして、上手くなっていく生徒を誰よりも喜んでくれます!!

 

サイト管理人(京都市)
高校を卒業してすぐにAN MUSICで岡本さんに出会い、レッスンを受けていました。それから10数年、一時期はギターを置いていましたが、ひょんなことから岡本さんに再会し、岡本さんのライブにもまた顔を出すようになりました。

「また岡本さんにレッスン受けたいと思ってます。そのときはまたお願いします」
「おー、おいでおいで」

こんな感じの軽い会話がライブ後に何度かあり、本当にレッスンに通い出しました。2010年6月現在で、レッスンを受け始めて丸1年経ちました。

自分の実感した成長は、読譜力とタッチです。また、マイナーペンタから脱却でき、フィンガーボード全体を使ってアドリブができるようになりました。「こことここのポジションが繋がって・・・あぁ、こういうことか!」と、目から鱗でした。

岡本さんにレッスンを受けることは、上手くなるための最大の近道です。岡本さんの住む京都に自分も住んでいて、本当にラッキーです。

 

(京都市・20代)
「まず、1曲レパートリーを持とう』と綿密に1曲を教えてもらったのは自信になりました。僕はプロ指向で、たくさんの壁を感じ、時には落ち込むこともありますが、先生の存在は、それらを乗り越える大きな力になっています。先生は、僕の目標に真剣に取り組んでくれるし、自分自身としっかり向き合い、求める音楽を追求し、成長出来たなと感じています。

 

T.S(神戸市・20代)
RAG に岡本先生のバンドである、「Okamoto Island」のライブを見に来た時に「この人に ギターを教えていただきたいなぁ」と思い、6月から習い始めました。私のギター歴は前年 の11月にアコースティックギターを、同年の3月にエレキギターを始めたばかりで、超初心者でした。その時は、「覚えた簡単なコードを何とかつなげて弾けるかなー」というくら いの実力で、ソロも一音一音確認しながらたどたどしく弾いていました。

まず体験レッスンを受けることになり、そこでギターを使った「遊び」を教えていただき ました。体験レッスンを受けただけで、音楽に対する概念が変わっていくのを感じました。

その後1年ほど、岡本教室に通ううちに思うことは、長年の音楽家としての経験に基づいた的確なアドバイスをして下さるということです。岡本先生のレッスンでは、一つ一つの 練習に上達するためのアイデアが詰まっています。独学では到底一年で得ることができなかった実力を付けさせていただいたと感じます。

また岡本先生は、音楽家としても指導者としても明確な哲学を持っていらっしゃり、非常に素晴らしい方だと思います。良いプレイヤーと良い指導者は必ずしも両立するとは限りませんが、岡本先生はその両方が一流だと思います。初心者なら基礎的なことを、上級者なら高度なことを個人に合わせて教えていらっしゃいます。

そのようなことで、兵庫県から2時間以上かけていつも教室に足を運ばせていただいています。ギターが上手くなりたい方は、まず、気軽に体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?体験レッスンだけでもギターに対する考え方が変わるかもしれません。