幸せの周波数528Hz 薬師寺音の処方箋コンサートDVD

最終更新: 2月25日


『幸せの周波数528Hz 薬師寺音の処方箋コンサート』2021年1月27日リリース! (528 ORGATONIC RECORDS/MOON-0008)¥3,300(税込) 演奏&出演: 永魂 a.k.a.ACOON HIBINO(ピアノ) 岡本博文(ギター)

ゲスト出演: tarunainanikaタリナイナニカ(ダンス パフォーマンス)

演奏曲: 1)Echo

2)Winter Woods

3)Cherry Rain

4)Frozen

5)浜辺の歌

6)Hikari〜Tao

7)Temari Uta

8)G線上のアリア

9)MIZUTAMAHIME  合計9曲 収録:

薬師寺/食堂にて 2020年12月4日 撮影協力: 薬師寺(奈良)   制作: 幸せの周波数528Hz薬師寺音の処方箋コンサート実行委員会 チーフスタッフ: 森本遊矢(映像)

林 皇志(録音)

楸信太郎(調律)

高田恒浩(幸せの周波数528Hz薬師寺音の処方箋コンサート実行委員長) マネージジャー:

赤穂美紀(シードマスター)

アシスタント: 吉川尚範(永魂マネージャー)高姓彩乃(映像アシスタント)

追立大地(映像アシスタント)辻坂知子(アシスタント)藤本梨恵(アシスタント) デザイン仏画: 梨鳳 題字:

倶好 デザイン: 池田恭子(mana・tura)

発売元:

SEED MASTER <幸せの周波数528Hz 薬師寺 音の処方箋に寄せて>

「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産に登録された薬師寺。その本尊である薬師如来像は1300年もの間、現世の苦しみを取り除き、世の中の安泰をつかさどり、心と体の病を取り除く仏様として人々から信仰されてきました。

その薬師寺の食堂(じきどう)にて、心と体を整える幸せの周波数といわれる528Hz で奏でる音楽映像が、作曲家でピアニストのACOON HIBINOとギタリストの岡本博文が演奏、そしてスペシャルゲストのタリナイナ二ニカの踊りも加わり、4名のアーティストが見事なまでに融合した作品になりました。

 さらにNHKワールドなどで活躍する映画監督の森本遊矢氏、録音は「少年ナイフ」などを手掛けた林 皇志氏の力によって、より表現力のある作品として完成した次第です。 薬師寺食堂(じきどう)内に響き渡る528Hzの音色そして踊りは、堂内に展示される14枚の日本画と溶け合い、特別な世界観に導かれていきます。

作品の中では遣唐使が日本へ仏教を伝えるために命を賭して帰路の航海をへて、藤原京そして平城京へと仏教の教えが届けられたことを描いた、田淵俊夫画伯による名画の数々、そして食堂(じきどう)内に染み入るように528Hzの音が響き、聴く人を魅了していきます。

「私達の奏でる528Hz の音楽は、聴く人すべてが主人公になれる幸せの音楽です。」と永魂が言うように、映像を見て音を聴いているだけで、自分が作品の中心に溶け込んだような感覚を覚え、自律神経に作用し、心と体が整えられていくのを実感していただくことができると思います。これこそが永魂たちが作り出す音楽が『本物の528Hzの音楽』と呼ばれる所以であると感じます。


528Hzの音楽の力で、コロナ禍で疲れた人々に少しでも心を癒せるひとときをもたらし一日も早いコロナ終息の願いを込めて、2020年12月13日、薬師如来像をもつ薬師寺から世界中の皆様に向けて無料配信した映像は大きな反響を呼びました。

今回のDVDはそんな皆様の思いにこたえるために制作したものです。

永魂と岡本博文をはじめとするアーティスト達の想いが、世界中の多くの人々の心に届く『幸せの贈り物』となる事を心より祈っております。 幸せの周波数528Hz 薬師寺 音の処方箋実行委員長 高田恒浩

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

JOY5

JOURNEY