これから多くの教則本を出版予定です

これまでの人生で蓄積してきた価値を教則本という形で、これから出版していきます。 その第1作が『ドレミのコツ』 以降、最低以下の教則本を執筆予定です。(いずれも仮タイトル) 『コードチェンジを意識したアドリブのコツ』 私は、必ずしもアナライズをきっちり守ることが良いアドリブとなるとは考えていません。様々なアプローチがあると思います。しかし、最低守らないと様にならない時もあるのは事実で、それをより現実的に対処する方法を伝えていきたいと思います。題材はConfirmationの予定。 『コードワーク大全』 常識的な一般的なテンションコード。Drop2&3によるテンションコードへの展開、それを超えて数学的テンションコードの総当たり。開放弦を使ったコード展開の研究。 この3部の構成になる予定です。


『リディアン7thのコツ』 メロディックマイナー、オルタードも含みます。 私は20代のころ、京都のジョンスコと呼ばれた時期があります。(笑)「岡本に弾かせてみろ。なんでも変態なソロになる」と言われたものでした。「コンディミやろ。やり方教えて」と言われたものですが、実はほとんど、リディアン7thという考え方を基本に考えていました。それをまとめています。

『ブルースの研究』 私は、専業ブルースマンではないし、レパートリーも少ないですが、ブルースについては長いこと色々研究してきました。それを多くに人に役に立つ形で、まとめたいと考えています。 上記のうち、3冊は2021年のうちに出版。長くとも2年でこれらを出版していくつもりです。お楽しみに。



17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示